マーティ語録研究所 - All rights reserved, all wrongs reversed!


by trans_marty
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

祭りだ祭りだ!ワッショイワッショイ!記念!ヴィンセントー!俺も頑張るワ!

ぐあぁぁぁ。。今頃になって良心の呵責がぁぁぁぁぁ。
ちゃんと許可とってからマーティ語調に化けさせるべき、だよなぁぁぁぁ。
でもマンドクセ(笑)ブログでやる理由は結局、俺の脳内の「間亜定さん」の仕業という言い訳。
つまり、全ては俺の脳内妄想だ。だから許して!キッズ(笑)に喜んでもらいたい一心で時間突っ込んでるんだ俺は!

というお祈りをミューズに捧げさしていただきました。。。今夜の祭り前にもうひとワッショイ!頑張りました。シェゲナベイベ!ドウゾ!!!
ネタもとはこちら:http://www.the-fuze.com/martyfriedman.html

カコフォニーとメガデスの前にもソロ作品を作っててしかもレコーディングもしたって聞いたんだけど、将来的にその未発表作品が世に出るチャンスはありますかね?

ま:「もちろんその可能性は大いにあるんですけど〜、でも、ほんとにかなり先になりますよ。」

所で私は(インタビュアー)、マーティが出した一番最初の教則ビデオ持ってるんですよすごでしょ!でこの「エキゾチック・メタル」の他にもメロディック・コントロールにエレクトリック・ギター:1日目とあとエッセンシャルっていう教則ビデオ出してますけど、これらの製作についてどういう経験を得たと考えてますか?

ま:「今までほんとに沢山、教則ビデオ作りませんか〜?作りましょう!っていうオファーを受けたんですワ。ほんとに沢山。で、何か言ったら面白いでしょー?という事があれば、出来るだけ伝えるためにビデオ作りましたよ。まぁ、結構簡単にできるし割と楽しかったですからね。と、今言いましたけど、実はですね。。。丁度、新しいビデオ作り終わった所なんですけど、これは俺が今まで出した教則ビデオの中でベストですよ。このDVDを見て勉強になりません!というギタリストは絶対に一人も居ないと思いますけど!俺のこの新しいDVDと同じスタイルの教則ビデオを作る人が、他にももっと沢山居たらすごく良いと思うんですけどね〜もし他にあれば俺は全部必ず買います!今年の終わりまでには発売しますから、今宣伝するのはそれぐらいですね。」

最初にも言いましたけど、私はエキゾチック・メタルから今も沢山教わってるんですよ。。。こんな風に長い期間、様々な人々、私のようなギタリストを含めた人間に影響を与え続けている事、テクニックを教え続けられている事についてご自分ではどう考えてますか?

ま:「ちょっと誉め過ぎだと思うけど(笑)でも、他に沢山ある中から俺のビデオを選んでくれるのは、それはちょっといい気分ですよもちろん。」

こんなに長い間活躍していてもまだインスピレーションを受けていますよね?本とか映画とか何かそういう見聞きしたものからインスピレーションを得ているのですか?それとも周りにいる人とか他のプレイヤーとかからですか?

ま:「そうじゃないんですよ、俺はほとんど本読まないし映画もあんまり見ないです、他のギタリストの演奏も、、、正直に言うと興味はあまり無いですよ。ただ本当に音楽が好きで、俺はギターで音楽を作りますから、インスピレーションは何か探すとか全然無いんですよ。」

インスピレーションの話を続けると、実は私は未だにジェイソン・ベッカーとやっていたカコフォニーが好きでして。。。ジェイソンの話にはとても刺激を受けるんですよ。で、マーティは今もジェイソンとコンタクトがあると聞いてますけど、彼があの病気になる前と後で友情に変化ってありましたか?

ま:「すごく良い質問ですね。もちろんジェイソンが病気になったからといって、俺たちの友情は全然変わらないですよ。だけど、病気になった後は昔よくやってたんですけど、ジャムセッションしたり曲を作ったり、昔はちょっとだけ優しい喧嘩しながら一緒にやってた事が今は出来ませんから、寂しいと思ってます。」

トリビュートアルバムでジェイソンの曲を演奏したとき、技術的ではなく感情的に難しかった事とかありましたか?

ま:「ほんとうに難しかったよ!!!「Black Stallion Jam」でギタリストが二人で演奏する所を一人だけでやりましたから、ジェイソンと俺の二人分。ジェイソンのパートをジェイソンになったみたいに演奏したのは楽しかったですけど、でも。。。ジェイソンの分もやらなきゃいけないと言う事に実は、凄く落ち込みました。。。本当はジェイソンがやるべき演奏ですから。ほんとに心は哀しかったです。。。俺のギター友達が居ないんですから。」

。。。カコフォニー時代の一番楽しい記憶というのは?

ま:「音楽以外の事も沢山楽しかった、ジェイソンと一緒に居た事ですけど。色々全部、楽しかったですから。。。ガールフレンドたちと一緒にいっぱい、馬鹿みたいな事沢山しましたよ。。。ウォータースライドやったりアメフトの試合見に行ったり、チェスをやったり。俺はいつもジェイソンに負けたんですけど。」

ジェイソンもマーティも、カコフォニーのあとすごく出世しましたよね、ジェイソンはデイブ・リー・ロスのバンドに入って、マーティはメガデスに入って。その事についてはどう思いますか?

ま:「良かったという気持ちとちょっと残念という気持ちの半分半分かなぁ。彼が病気になったとき、実は俺も腕をけがしてもう人生終わりだ!って感じでしたから。俺はその後、腕のけがはちゃんと治りました、でもジェイソンはバンドを辞めなくちゃいけなかったでしょう。」

メガデスに入るとき心配事はなかったですか?つまりムステインはああいう評判の持ち主だったから。。。

ま:「だけど俺は心配しなきゃいけない事は、実はあんまり知らなかったんですよ。だから、会ってみたらかっこ良かったし、一緒にジャムしても上手く生きましたから大丈夫でした。」

メガデスに加入する時に一番大変だった事はなんですか?

ま:「最初に一番大変だったのは、メガデスのリズムを演奏するのにピックの使い方を変えたことかな。その前は俺はピックは逆さまに使っていたんです、だけどピックはちゃんと持ったほうが難しいリズムを刻むのには良かったから。ピックの持ち方を変えた時になれるまで1ヶ月ぐらいはかかりました」

マーティはメガデスの歴史の中でももっとも長く居たメンバーですよね。その秘訣はなんだったのでしょうか?

ま:「ケミストリーが凄く良かったんですよ、ちょっと上手く説明できないんですが、とにかくウマがあったからだと思います。」

メガデスを脱退した時のことについては、感情的な問題は全然なかったというのは沢山聞いてるのですが、でも本当に後悔することは無かったんですか?バンドに居た事についても、それから辞めた事についても。。。?

ま:「ほんとに全然ないです。俺にとっては、もっと先に進まなきゃ行けないタイミングだったんです。バンドのメンバーの事は兄弟みたいに好きでしたけど、それと同じぐらいの気持ちで、俺はもう行かなきゃだめだ!と思ってやめました。俺にとってはそれが正しい事だったから、あのときに辞めるのが。」

ムステインがメガデスは終わりだと言った時に、マーティは他の2人、つまりエルフソンとニック・メンザと一緒に3ピースのバンドをやろうと考えなかったですか?

ま:「実は、エルフソンとジミー・デグラッソとは一緒に、俺のスタジオで何曲か録音したんです。ボーカリストを探したりもしたんですよ。だけど、それよりも先に進む事は無かったです」

私は、マーティとAlex Skolnickの古いインタビューを持ってるんですけど。。。有名なコンビでしたよね。アレックスとあと、元メガデスとしてまた有名なクリス・ポーランドと一緒にツアーしたのはどうでしたか?

ま:「すごく楽しかった!ほんとに、すげぇ〜ぶっとんでるツアーだったんだよねぇ。。。すばらしいファンも沢山来てくれたし、俺はソロでツアーに出るのは初めてだったからね。二人ともほんとにすばらしいミュージシャンであり、良い人たちでした。」

すごいノリノリのジャムセッションとかありましたか?

ま:「サクラメントが最後だったんですけど、その時にDeuceを一緒にやったんですね、で俺とあとアレックスはどっちも凄いKISSのファンでしょ?だからほんとに楽しかった!だけどクリスは。。。楽しかったかどうかちょっと心配(笑)彼はジャズメンだから!ほんとはすっげー怒ってたかもしれないね!(笑)」

クリスとメガデス時代の話を教え合ったりした?

ま:「あんまりメガデスの話はしなかったかな。別々のツアーバスに乗ってたから、あんまり一緒に話す時間は無かったです、残念ですけどね」

もちろん、自分のプロジェクトをやってる方が自由だと思いますけど、でも別の有名なバンドに入ったりするチャンスはありますか?

ま:「実はもう入ってるんですよ!今、日本ですごく有名なバンド2つと一緒にやってますよ。あとは僕のバンドの準備もしてます!」

新しいメガデスのアルバムのツアーについて、最近のムステインのインタビューを読んだら、マーティが参加したいならいつでも歓迎という事を言っていたんですけど、その公算はありますか?

ま:「今メガデスがやってる事はあんまり俺は興味ないから、参加するの可能性は低いんじゃないかな。ムステインは彼がやりたい事を完全に自由にやった方が良いと思うから。俺は、今自分がやってる音楽をすごく楽しんでいるから。もちろん、将来も絶対にメガデスをやらないという意味じゃないんですよ、それは誰も解らないでしょ?もちろん俺はメガデスに長い間居て、メガデスの歴史の一部だった事は凄く誇りだから、それはもうそのままでとっておきたいんですよ。俺は、昔やってた事をまた戻ってやり直したり、しないですから。」

今までマーティは色んな有名なミュージシャンと一緒に仕事をしてきたわけですが、これから一緒に仕事をしたい有名人はいますか?

ま:「つんく!でしょ〜?フィル・スペクターにあややと一緒にやりたいですし、あと浜崎あゆみと、ガクトとB'z、ブライアン・メイと一緒にやりたいですよすごく!」」

喜多郎と一緒に仕事したのはどうでしたか?

ま:「もうこれは本当に最高でした。喜多郎は、シンプルである事は凄く難しいけど大切ですよと教えてくれました。」

日本語ぺらぺらじゃないですか?今のように喋られるまでどのぐらい時間がかかりましたか?私も個人的に日本語勉強してみたいなぁと思ってて、だから聞きたいんですけど。

ま:「もちろん今は日本語はぺらぺらですけど〜でも今も勉強はしてますよ。これは終わらないんです。音楽と一緒ですよ。沢山勉強しても、「オッケーもう十分ですよ!」とは思わないでしょ?」

昔と同じぐらい今もギターの練習をしますか?

ま:「実は俺はほとんど、多分20年ぐらい、練習ってしてないですよ。ずーと音楽はやってるでしょ?だからそれが終わったら最初に考える事は、ギター弾きたい!ですよ。」

80年代の音楽が最近また復活してきてるじゃないですか?で、マーティもその一人として思われているわけなんですけど、それについてはどう考えてますか?もちろんジェイソンもその一人ですけど。

ま:「全然嬉しく無いんだよー、ほんとに!80年代の音楽が復活してきてる事とロックギターは一緒にされたらちょっと冗談じゃないと思います、オレンジジュースに歯磨き粉混ぜたらまずいのと一緒!ジェイソンもそれから俺も、一緒にされるのはほんとに嫌です。俺とジェイソンがやってたのは、凄くテクニック的に難しい音楽ですから、80年代のロックと一緒にされたら面白く無いですよ!もちろん良いミュージシャンが沢山居ましたから、その人たちと一緒にされるのは、これは問題ないですけど。。。だけど、自慢じゃないですけど俺とジェイソンがやってた事は、80年代に流行った他の人たちとは比べられたく無いですね。」

もしミュージシャンじゃなかったらどんな仕事をしたと思いますか?

ま:「全然そんなこと考えた事もないけど、もしかしたら、カジノのディーラーとか、やってるんじゃないですか?」

音楽以外にマーティが興味ある事はなんですか?映画とか本とかなんでも?

ま:「もちろん女の子は凄く興味ありますよ!当然じゃん!」

最後に、好きな飲み物を教えて下さい。

ま:「セブン・イレブンのスラーピー!(管理人注:多分、シェイクみたいな奴。)」
[PR]
by trans_marty | 2005-10-05 00:42 | Interview