マーティ語録研究所 - All rights reserved, all wrongs reversed!


by trans_marty
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

公式FAQの最近の奴を、堂々と、やっちゃうもんねーだ!(大笑)

えっと、ツアーとか韓国フェス行ったり忙しそうなんだけど、結構マメに更新しているのは不思議です。というわけで最近のFAQからおもしろかった所をちょっとだけお送りいたします。そうそう、マーティさん公式サイトの文章については「自由に遊んでいいですよ!」って許可してもらえました、マーティさんありがとう!

一つ目:「エキゾチックってなに?」
ネタ元はこちら:http://www.martyfriedman.com/faqkeren2.php?id=5881

Q:マーティさんまた、HPチェックしに来ましたよ!貴殿ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。(注:直訳→日本語一般表現化)

今回私がおたずねしたい事は、マーティさんのいわゆる「エキゾチック・スケール」と呼ばれる音階についてです。

実はですね、ケルト音楽のギター演奏に関する学習本を読んだのですが(というのも、最近フォーク・ロック系のバンドにはまってるので)、その本の著者が、ケルト音楽を演奏するために「ケルト音階」を一所懸命探したりする人は多いけど、それは間違いだ!と言ってたんです。で、私は、他のジャンルにも同じことが当てはまると気づいたんです。私も、インドネシア風音階とか色々、試したんですけど、いくらやっても、、普段自分が良く使うスケール(ペンタトニックとか、ディミニッシュとか)で演奏するよりも、エキゾチックな感じを得る事はできませんでした。それで解ったんです、エキゾチックな演奏というのは、どんな音階を使うか?よりも、フレーズの表現方法やヴォイシングなどに、異なる音楽(エスニックな感じ、と言ってもいいかな)をどう取り込むかが大事なんじゃないかって。よく言うエキゾチック音階を使わなくても、例えばマイナー・ペンタトニックだけでも、めちゃめちゃエキゾチックなフレーズ弾けるじゃん?って思ったんですけど、どうでしょうか。

ご一読頂きありがとうございます、今後とも益々のご活躍お祈り申し上げます。(注:また直訳→日本語一般表現化)

ま:ビンゴ!大当たりでーす!僕よりも説明するのが上手じゃないですか?と思いました。


二つ目:「マーティの作品について」
元ネタはこちら:http://www.martyfriedman.com/faqkeren2.php?id=5882

Q:マーティさん、自分はオーストラリアに住んでるんですが、この国の音楽環境は哀しい事にアメリカのポップスを輸入するばかりなもんで、マーティのソロ作品やカコフォニーの音源を探すのが超大変なんすよ・・・。何処を探しても、eBayでも見つからなくってさ。カコフォニーは何曲かダウンロードできたんですが、でも、自分ダウンロードは嫌いなんっす、やっぱちゃんと、フル・アルバムお金払って買いたいんで。だもんで、どこかきちんと手に入れられる方法教えてくれたら、オレ、すっげー嬉しい。あと教則DVDも、オーストラリアはPAL方式なんですが、PALフォーマットの奴見つけらんなかったんで、PALのDVDが買える所も教えてくれっと助かります。お時間とらせちゃってスミマセンね、けど絶対このDVD欲しいんで、ひとつよろしく!おねがいしまーす。

ま:www.shrapnelrecords.com を試してみてください、欲しいのが見つかると良いね!

(管理人蛇足:ちなみにマーティさんのソロ、カコフォニー、ジェイソンさんのソロなどは、お茶の水のユニオンHR/HM とロック館には無いですけど、新宿のディスクユニオンメタル館にはあります!さっすが、マーティさんのお膝元っすね!(笑))


三つ目:「どうやったら良いの?」
ネタ元はこちら:http://www.martyfriedman.com/faqkeren2.php?id=5900

Q:あのーマーティさん、何度もおんなじ事聞かれたことあるとは思うんですが、要点を理解するのを助けてください。

素晴らしいミュージシャンや作曲家になるには、どうすればいいんですか?素晴らしいギタリストになるために、絶対にやらなきゃいけない事とか練習って何ですか?ギターの演奏やら練習、あとは本で勉強したり理論を研究するのに何時間も費やしている人は沢山いますよね?一音一音どうなってるか、どう演奏するのか一所懸命やってるのに、結局あきらめちゃって何にもならなかったり、良さげな曲の一つも書けなかったり・・・。その一方で、曲は書けるけど楽器演奏については辛うじてなんとか・・・程度の連中が、明日のMTVに出たりしてるじゃないですか。イングヴェイ・マルムスティーンやらマーティさんと同じぐらい上手にギター弾ける奴にもかかわらず、誰にも知られることなく終わる人がもし居たとしたら、どう思いますか?つまり、私が聞きたい事は、どうやったら良い作曲家になれるんでしょうか?ということなんです。マーティさんは以前、良い作曲家の例にジェイソン・ベッカーさんを挙げてましたが、ジェイソンさんはどうやってあんなに素晴らしい作曲家になったんですか?長時間練習したからですか?耳コピを頑張ったから?それとも、良い作品が出来るまでいくつもいくつも曲を書いたからでしょうか?もしそうだとしたら、自分の部屋にこもって長時間ギターを練習し作曲している人間が人に大絶賛されるリフを思いつけないのは何故でしょうか?それとも、今日の音楽業界に何か問題があるんですか?なんか、厄介な質問に聞こえると思うんですけど、読んでくれてありがとう!そしてぜひ回答をお願いします!

Q:素晴らしいミュージシャンや作曲家になるには、どうすればいいんですか?


ま:自分の音楽の為に、自分の一生を完全にささげるんですよ、他の色んなものよりも必ず、一番大事なものとしてやらなきゃダメじゃないですか。

Q:素晴らしいギタリストになるために、絶対にやらなきゃいけない事とか練習って何ですか?


ま:いつも音楽をやって下さい、そして誰からでも、色んなチャンスから学ぶべき事はあるという気持ちで、オープンマインドでいてください。そして、誰とでも一緒に音楽をやれるようになってください。

Q:ギターの演奏やら練習、あとは本で勉強したり理論を研究するのに何時間も費やしている人は沢山いますよね?一音一音どうなってるか、どう演奏するのか一所懸命やってるのに、結局あきらめちゃって何にもならなかったり、良さげな曲の一つも書けなかったり・・・。その一方で、曲は書けるけど楽器演奏については辛うじてなんとか・・・程度の連中が、明日のMTVに出たりしてるじゃないですか。


ま:楽器の演奏が出来る事と、作曲が出来る事、この二つは、全然関係の無い能力だという事を理解してください。良い音楽はどこにでもありますよ。音楽は、音だけじゃないんです。音楽の要素には、イメージとか、ファッションとか、化学的な反応とか(ケミストリー)、スタイルも、メロディも大事だし、それからどうしたいのか?という考えを持つ事が大事です(自分が本当にやりたい事は何ですか?いつ、どこでやりますか?どういう風にやったら良いと思いますか?ーーそういう風な具体的にすごく細かい事を考えて音楽やったことは、今までにありますか??)特徴があって、これはいいじゃん!と思うサウンドは、必ず意味がありますよ(誰か、にとってはね)言葉もそれから他にも上手に説明は出来ないんですけど大事な事は沢山あります。

Q:イングヴェイ・マルムスティーンやらマーティさんと同じぐらい上手にギター弾ける奴にもかかわらず、誰にも知られることなく終わる人がもし居たとしたら、どう思いますか?


ま:他のミュージシャンの真似をしても、それはどのぐらい似てるじゃないですか?とか意味がありますか?もし、誰かの真似を上手にできるなら、それは結構良いと思いますけど、でもそれだけだったら、音楽にお金出して聞いてみたいという人から注目されるのは難しいと思います。

Q:つまり、私が聞きたい事は、どうやったら良い作曲家になれるんでしょうか?ということなんです。マーティさんは以前、良い作曲家の例にジェイソン・ベッカーさんを挙げてましたが、ジェイソンさんはどうやってあんなに素晴らしい作曲家になったんですか?長時間練習したからですか?耳コピを頑張ったから?それとも、良い作品が出来るまでいくつもいくつも曲を書いたからでしょうか?


ま:その通りです。それから、自分の音楽を作る為に必要な事は、何でもしなきゃいけないんですよ。

Q:もしそうだとしたら、自分の部屋にこもって長時間ギターを練習し作曲している人間が人に大絶賛されるリフを思いつけないのは何故でしょうか?


ま:なぜかと言えば、大事な事は、それは、自分の部屋で自分の音楽を作り上げる為に長い時間をかけたその後に、何年かの経験を積んだ結果として、得られるものだからじゃないですか?上手に演奏できるようになる為には、みんな、めちゃめちゃ頑張らないと絶対だめなんですよ。それが出来た後で、自分の音楽はどうですか?ということに挑戦するんです。

Q:それとも、今日の音楽業界に何か問題があるんですか?


ま:それは、何か問題ですか?もし、自分のやってる音楽が本当に良いものだったなら、必ずそれはお金になりますよ。音楽業界はその才能を必ず発見して、商売するんですから。結論から言いますと、まずやらなきゃいけないことは、ホントに好きだったらまず演奏してください、もし自分一人だけの為でもずーっとやっていたら、もしかしたら他の誰かがその音楽を気に入ってくれるかもしれないでしょ?けどそれは、おまけみたいなものですけどね。すごく良い質問でした、ありがとう!


四つ目:「ボンジュー シュアラクレェム シルブプレぇ〜(嘘)」
元ネタはこちら:http://www.martyfriedman.com/faqkeren2.php?id=5929

げっ。フランス語じゃん。管理人はワッカリッマシェーン!でも、気になるので、「フランス語→英語」に翻訳するウェブサイトを使って英語にしてみましたら、ワカッタワカッタ!(ちなみに翻訳サイトは:http://www.freetranslation.com/  他にもスペイン語ドイツ語とかも使えて便利)

仏英訳こちら:
Q:dear professor I very much would like know how to combine the ranges on a solos as clui of tornado of souls (which are shrewdness that you to use

マーティさん回答: I do not understand, my friend!

で、フランス語から英語に翻訳したのをさらにマーティ語っぽく訳してみたので、ほんとかどうかは定かじゃないですけど。。。

Q:親愛なるマーティ教授、トルネード・オブ・ソウルズのギターソロは長いですけど(あの速弾きの所とか)、どうやってくっつけたんでしょうか、教えてくれませんか?

ま:ごめんなさい、わからないです!

というわけでした。
最後の、わからないです!というマーティ教授の回答は、ギターソロをどうやったのか説明できない、って意味なのか、それとも、フランス語の質問自体が解らない、という意味の高等ジョークなのか、俺にはちょっと、ワカラナイデース(笑)。
[PR]
by trans_marty | 2005-11-22 21:51 | FAQ