マーティ語録研究所 - All rights reserved, all wrongs reversed!


by trans_marty
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:Others( 6 )

皆様こんにちは。
既に梅雨入りしてしばらく経つ今日この頃、皆様に置かれましてはお加減いかがでしょうか?私は旅先で大風邪を弾いてしまいましたが、異国でマーティファンに出会ったりしてとても楽しい時間を過ごしました。

さて、しばらく前から事実上そうなんですけど(大汗)
皆様大変もうしわけございませんが、個人的な事情によりしばらく御休みさせて頂きます事をご了承ください。

ブログ開設当初には予想していませんでしたが、個人的に色々ありまして、期間未定で休載させていただきます。マーティさん本家ホームページの日本語版が充実しておりますので、そちらをどうぞ御楽しみください。

またひっそり再開した暁には一つよろしく御願い致します。

トランスマーティ管理人虎屋
[PR]
by trans_marty | 2006-06-17 12:33 | Others

Sorry again!

皆様毎度ごひいきにあずかり誠にありがとうございます!
諸事情にて、申し訳ございませんが、更新のスケジュールを土日に代えさせて下さい。次回予定はまた、STORY BEHIND THE SONGSに戻ります。次は、どれにしよっかなー?ソロとカコフォニーどっちがいいですか?

リクエストある人はよろしくお願いします!では

虎屋
[PR]
by trans_marty | 2006-03-23 00:50 | Others

Sorry...

みなさますみません。
土曜日あたりに更新が入ります。またのご来店をお待ちしております。
虎。
[PR]
by trans_marty | 2006-02-23 11:52 | Others
っといわけで、マーティさんとはカコフォニーで一緒にギターをキュルキュルやっていらっしゃった美少年!その後はDavid Lee Rothバンドや、ソロ作品などでもおなじみ、ジェイソン・ベッカーさんのアルバム、Perspectiveに入っている本人の解説、を日本語訳してくださーい!というリクエストを頂き、ちょっとやってみました。ちゃんとできたかなぁ?

なんでも、日本版発売当時はちゃんと、ライナーノーツに日本語訳あったんですが、現在はそれが廃盤になってしまい、これから買う人たちは外盤を購入せざるをえず、折角のすてきな解説がよくわからなかったら残念なのでぜひ翻訳してください、とリクエストを受けたので、拙のつたない訳でお目汚しかとは存じますが、ご一読頂ければ幸甚でございます。

元文はベッカー氏の公式HP内にもありますので、こちらもぜひご覧くださいませ!(ちなみに管理人はトップページの写真にどきゅーん、とやられました。すてき!)
http://www.jasonbecker.com/Discography-Perspective.htm

では。。。ここから>>

「20歳頃から、ALSという病気にかかっている。僕は、もうすぐ30歳になる。この病に倒れるまでは、僕はちょっとばかり(差し当たっては、だけど)腕のいいギタリストだった。自分で作曲して、アルバムも4枚出した。僕のギター演奏は徐々に衰えて行ったけど、僕の音楽の何かは逆に良くなっていった。なんとも説明しがたいんだけどね。このアルバムPerspectiveにある曲は全て、この期間に書いたものだ。殆ど、僕の子供たちと言っても良い。僕の母親なんか、これらの歌を「私の孫たち」と呼んでいるよ。

いつかは病気が良くなる、と信じているけれど、もし治らなかったとしても、それはそれでしょうがないかな、とも思う。大変な病気にかかってしまったわけだけど、ほとんどの場合において僕はとてもラッキーなんだ。僕の周りにはいつも、友達や愛する人が居てくれるから、そのおかげで僕の内なる炎は消える事は無いし、希望も、信念も保って行ける。ハンディキャップを負った人々の大半は、こんな贅沢な環境にはいないから。もし周りにそういった人が居るならば、見守っているよ、と伝えて下さい。必要があれば手助けを、もちろん、ただ彼らが前向きな気持ちになれるよう励ましてあげるだけでも良い。もし、君が「ただ見ているだけ」の場所に留まっているならば、是非そこから一歩踏み出してほしい。愛と慈悲の気持ちだけをもって、人々と接してみて下さい。。。きっと君もハッピーになるから。人を独善的に判断したり嫌ったりしないでほしい、それは君の幸せまで遠ざけてしまうからね。


「ジェイソンを単に「天才」と呼ぶだけじゃ過小評価に過ぎると思う。彼は、流行がどうだ、とか、オーディエンスの趣向がこうだから、などの、マーケティング的なからくりとは一切かけ離れた人だから。彼はただ、その心からの感情を演奏にのせて、人間のスピリットに対して喝采を浴びせる、本当の音楽を作った。ジェイソンは音楽の鬼才であり、このPerspectiveにおいては奇跡的な潜在能力を具現化させている。」(Marty Friedman)

「ジェイソン・ベッカーのアルバムPerspectiveでは、彼はそのすばらしいインスピレーションの源を自己の内面に見いだしている。魂を深く求道することによって、音楽の中に勇気と洞察力とを表現する事に成功しており、それは非常に心を揺さぶるものとなった。いいね!その調子だぜ!」(Steve Vai)

「これは、まさに誇らしい程にパワフルで美しいアルバムだ」(Joe Satriani)

<<管理人からのおねがい>>
私の翻訳だけで全て伝えることは難しいような気がします。
ジェイソンさんのを訳すに当たっては、かなり言葉を選びましたが、特に、「慈悲」と「求道(ぐどう)」については、それぞれ、辞書やネット検索などをして、その意味するところをおのおの感じとって頂きたく思います。とても深い、言葉なので・・・

<<11月15日追記>>
通常は、修正はしない主義なのですが、ジェイソン・スレの方からの突っ込みを頂いて、もう一度ちゃんと考えてちょっとだけ文章をいじりました。さらっと書きたかったので時制を無視してしまったところが合ったのですが、時制も正しく尚且つさらっと、書き直させて頂きました。多勢に影響はありません。

<<11月16日追記>>
なんと、翻訳&ブログに転載許可をメールでお願いしていた所、許可頂けました。ありがとうございます!
>>Yes, you have my permission to keep stories on you blogs. Thank you for
>>your interest and support.
>>Jason Becker
ほんまにエエ人やあ・・・!!!!!!!!!!
[PR]
by trans_marty | 2005-11-13 23:10 | Others
皆様こんにちは。。。マーティ語録研究所管理人とらんすまーちーdeath!
既にご存知の方も多数いらっしゃると思いますが、本日、どういうわけか、マーティさんご本人の公式HP日本語版の所で「マジ最高」とほめていただいたうえに、拙ブログのURLまでご紹介頂いてしまいました!!!!

素直に嬉しかったんです、ほんとに。肩こりもちょっとはいやされたってもんです。。。

でも。。。皆さんは知ってると思いますけど、実は管理人としてはちょっと問題がありまして。というのも、ネタ元のインタビュー記事に対し個別に了解をとらずに、勝手にやっていたのです。

まぁ、「日本語訳だし?ていうかマーティっぽい日本語にして、彼の日本語の特徴を研究する目的だもんねー」という言い訳を用意していたんですけど、やっぱり、それじゃまずいじゃん?公式にリンクはられちゃった以上、今までみたいに2chとかミクシィからリンクたどって見にきましたー、程度じゃ済まないんじゃん?

と思ったので、今更でとーっても遅いんですけど!一応、それぞれの元ネタに対し許可をいただけますでしょうか?というお伺いメールを送信し終わりました所です。

で、反応次第では「エントリーは削除いたします」と明言してしまいましたので、もし。。。(ここからがちょっとだけ大事なポイントですよ)何か気に入ったエントリーがあるという方は、それをそれぞれ各自で保存するなりしていただけると幸甚でございます。私としては、削除方針が決まったエントリーに関しては削除することにしましたので。

どうぞよろしく御願いいたします。。。。

マーティ語録研究所管理人 とらんすまーちー 拝
[PR]
by trans_marty | 2005-11-06 21:14 | Others
エキサイトでブログやってるし、トマトが好きな宇宙服のギール・ポルバートさんてば :)
というわけでコソっとリンク http://blog.excite.co.jp/paulgil/ 

うちのFavouriteに載せてもあちらにバレるのはまずい気がするのでエントリーで。トラックバックとかしてみたいけど、やめた方がいいよね・・・
[PR]
by trans_marty | 2005-10-12 14:41 | Others