マーティ語録研究所 - All rights reserved, all wrongs reversed!


by trans_marty
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

えっと、ツアーとか韓国フェス行ったり忙しそうなんだけど、結構マメに更新しているのは不思議です。というわけで最近のFAQからおもしろかった所をちょっとだけお送りいたします。そうそう、マーティさん公式サイトの文章については「自由に遊んでいいですよ!」って許可してもらえました、マーティさんありがとう!

一つ目:「エキゾチックってなに?」
ネタ元はこちら:http://www.martyfriedman.com/faqkeren2.php?id=5881

Q:マーティさんまた、HPチェックしに来ましたよ!貴殿ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。(注:直訳→日本語一般表現化)

今回私がおたずねしたい事は、マーティさんのいわゆる「エキゾチック・スケール」と呼ばれる音階についてです。

実はですね、ケルト音楽のギター演奏に関する学習本を読んだのですが(というのも、最近フォーク・ロック系のバンドにはまってるので)、その本の著者が、ケルト音楽を演奏するために「ケルト音階」を一所懸命探したりする人は多いけど、それは間違いだ!と言ってたんです。で、私は、他のジャンルにも同じことが当てはまると気づいたんです。私も、インドネシア風音階とか色々、試したんですけど、いくらやっても、、普段自分が良く使うスケール(ペンタトニックとか、ディミニッシュとか)で演奏するよりも、エキゾチックな感じを得る事はできませんでした。それで解ったんです、エキゾチックな演奏というのは、どんな音階を使うか?よりも、フレーズの表現方法やヴォイシングなどに、異なる音楽(エスニックな感じ、と言ってもいいかな)をどう取り込むかが大事なんじゃないかって。よく言うエキゾチック音階を使わなくても、例えばマイナー・ペンタトニックだけでも、めちゃめちゃエキゾチックなフレーズ弾けるじゃん?って思ったんですけど、どうでしょうか。

ご一読頂きありがとうございます、今後とも益々のご活躍お祈り申し上げます。(注:また直訳→日本語一般表現化)

ま:ビンゴ!大当たりでーす!僕よりも説明するのが上手じゃないですか?と思いました。


二つ目:「マーティの作品について」
元ネタはこちら:http://www.martyfriedman.com/faqkeren2.php?id=5882

Q:マーティさん、自分はオーストラリアに住んでるんですが、この国の音楽環境は哀しい事にアメリカのポップスを輸入するばかりなもんで、マーティのソロ作品やカコフォニーの音源を探すのが超大変なんすよ・・・。何処を探しても、eBayでも見つからなくってさ。カコフォニーは何曲かダウンロードできたんですが、でも、自分ダウンロードは嫌いなんっす、やっぱちゃんと、フル・アルバムお金払って買いたいんで。だもんで、どこかきちんと手に入れられる方法教えてくれたら、オレ、すっげー嬉しい。あと教則DVDも、オーストラリアはPAL方式なんですが、PALフォーマットの奴見つけらんなかったんで、PALのDVDが買える所も教えてくれっと助かります。お時間とらせちゃってスミマセンね、けど絶対このDVD欲しいんで、ひとつよろしく!おねがいしまーす。

ま:www.shrapnelrecords.com を試してみてください、欲しいのが見つかると良いね!

(管理人蛇足:ちなみにマーティさんのソロ、カコフォニー、ジェイソンさんのソロなどは、お茶の水のユニオンHR/HM とロック館には無いですけど、新宿のディスクユニオンメタル館にはあります!さっすが、マーティさんのお膝元っすね!(笑))


三つ目:「どうやったら良いの?」
ネタ元はこちら:http://www.martyfriedman.com/faqkeren2.php?id=5900

Q:あのーマーティさん、何度もおんなじ事聞かれたことあるとは思うんですが、要点を理解するのを助けてください。

素晴らしいミュージシャンや作曲家になるには、どうすればいいんですか?素晴らしいギタリストになるために、絶対にやらなきゃいけない事とか練習って何ですか?ギターの演奏やら練習、あとは本で勉強したり理論を研究するのに何時間も費やしている人は沢山いますよね?一音一音どうなってるか、どう演奏するのか一所懸命やってるのに、結局あきらめちゃって何にもならなかったり、良さげな曲の一つも書けなかったり・・・。その一方で、曲は書けるけど楽器演奏については辛うじてなんとか・・・程度の連中が、明日のMTVに出たりしてるじゃないですか。イングヴェイ・マルムスティーンやらマーティさんと同じぐらい上手にギター弾ける奴にもかかわらず、誰にも知られることなく終わる人がもし居たとしたら、どう思いますか?つまり、私が聞きたい事は、どうやったら良い作曲家になれるんでしょうか?ということなんです。マーティさんは以前、良い作曲家の例にジェイソン・ベッカーさんを挙げてましたが、ジェイソンさんはどうやってあんなに素晴らしい作曲家になったんですか?長時間練習したからですか?耳コピを頑張ったから?それとも、良い作品が出来るまでいくつもいくつも曲を書いたからでしょうか?もしそうだとしたら、自分の部屋にこもって長時間ギターを練習し作曲している人間が人に大絶賛されるリフを思いつけないのは何故でしょうか?それとも、今日の音楽業界に何か問題があるんですか?なんか、厄介な質問に聞こえると思うんですけど、読んでくれてありがとう!そしてぜひ回答をお願いします!

Q:素晴らしいミュージシャンや作曲家になるには、どうすればいいんですか?


ま:自分の音楽の為に、自分の一生を完全にささげるんですよ、他の色んなものよりも必ず、一番大事なものとしてやらなきゃダメじゃないですか。

Q:素晴らしいギタリストになるために、絶対にやらなきゃいけない事とか練習って何ですか?


ま:いつも音楽をやって下さい、そして誰からでも、色んなチャンスから学ぶべき事はあるという気持ちで、オープンマインドでいてください。そして、誰とでも一緒に音楽をやれるようになってください。

Q:ギターの演奏やら練習、あとは本で勉強したり理論を研究するのに何時間も費やしている人は沢山いますよね?一音一音どうなってるか、どう演奏するのか一所懸命やってるのに、結局あきらめちゃって何にもならなかったり、良さげな曲の一つも書けなかったり・・・。その一方で、曲は書けるけど楽器演奏については辛うじてなんとか・・・程度の連中が、明日のMTVに出たりしてるじゃないですか。


ま:楽器の演奏が出来る事と、作曲が出来る事、この二つは、全然関係の無い能力だという事を理解してください。良い音楽はどこにでもありますよ。音楽は、音だけじゃないんです。音楽の要素には、イメージとか、ファッションとか、化学的な反応とか(ケミストリー)、スタイルも、メロディも大事だし、それからどうしたいのか?という考えを持つ事が大事です(自分が本当にやりたい事は何ですか?いつ、どこでやりますか?どういう風にやったら良いと思いますか?ーーそういう風な具体的にすごく細かい事を考えて音楽やったことは、今までにありますか??)特徴があって、これはいいじゃん!と思うサウンドは、必ず意味がありますよ(誰か、にとってはね)言葉もそれから他にも上手に説明は出来ないんですけど大事な事は沢山あります。

Q:イングヴェイ・マルムスティーンやらマーティさんと同じぐらい上手にギター弾ける奴にもかかわらず、誰にも知られることなく終わる人がもし居たとしたら、どう思いますか?


ま:他のミュージシャンの真似をしても、それはどのぐらい似てるじゃないですか?とか意味がありますか?もし、誰かの真似を上手にできるなら、それは結構良いと思いますけど、でもそれだけだったら、音楽にお金出して聞いてみたいという人から注目されるのは難しいと思います。

Q:つまり、私が聞きたい事は、どうやったら良い作曲家になれるんでしょうか?ということなんです。マーティさんは以前、良い作曲家の例にジェイソン・ベッカーさんを挙げてましたが、ジェイソンさんはどうやってあんなに素晴らしい作曲家になったんですか?長時間練習したからですか?耳コピを頑張ったから?それとも、良い作品が出来るまでいくつもいくつも曲を書いたからでしょうか?


ま:その通りです。それから、自分の音楽を作る為に必要な事は、何でもしなきゃいけないんですよ。

Q:もしそうだとしたら、自分の部屋にこもって長時間ギターを練習し作曲している人間が人に大絶賛されるリフを思いつけないのは何故でしょうか?


ま:なぜかと言えば、大事な事は、それは、自分の部屋で自分の音楽を作り上げる為に長い時間をかけたその後に、何年かの経験を積んだ結果として、得られるものだからじゃないですか?上手に演奏できるようになる為には、みんな、めちゃめちゃ頑張らないと絶対だめなんですよ。それが出来た後で、自分の音楽はどうですか?ということに挑戦するんです。

Q:それとも、今日の音楽業界に何か問題があるんですか?


ま:それは、何か問題ですか?もし、自分のやってる音楽が本当に良いものだったなら、必ずそれはお金になりますよ。音楽業界はその才能を必ず発見して、商売するんですから。結論から言いますと、まずやらなきゃいけないことは、ホントに好きだったらまず演奏してください、もし自分一人だけの為でもずーっとやっていたら、もしかしたら他の誰かがその音楽を気に入ってくれるかもしれないでしょ?けどそれは、おまけみたいなものですけどね。すごく良い質問でした、ありがとう!


四つ目:「ボンジュー シュアラクレェム シルブプレぇ〜(嘘)」
元ネタはこちら:http://www.martyfriedman.com/faqkeren2.php?id=5929

げっ。フランス語じゃん。管理人はワッカリッマシェーン!でも、気になるので、「フランス語→英語」に翻訳するウェブサイトを使って英語にしてみましたら、ワカッタワカッタ!(ちなみに翻訳サイトは:http://www.freetranslation.com/  他にもスペイン語ドイツ語とかも使えて便利)

仏英訳こちら:
Q:dear professor I very much would like know how to combine the ranges on a solos as clui of tornado of souls (which are shrewdness that you to use

マーティさん回答: I do not understand, my friend!

で、フランス語から英語に翻訳したのをさらにマーティ語っぽく訳してみたので、ほんとかどうかは定かじゃないですけど。。。

Q:親愛なるマーティ教授、トルネード・オブ・ソウルズのギターソロは長いですけど(あの速弾きの所とか)、どうやってくっつけたんでしょうか、教えてくれませんか?

ま:ごめんなさい、わからないです!

というわけでした。
最後の、わからないです!というマーティ教授の回答は、ギターソロをどうやったのか説明できない、って意味なのか、それとも、フランス語の質問自体が解らない、という意味の高等ジョークなのか、俺にはちょっと、ワカラナイデース(笑)。
[PR]
by trans_marty | 2005-11-22 21:51 | FAQ
っといわけで、マーティさんとはカコフォニーで一緒にギターをキュルキュルやっていらっしゃった美少年!その後はDavid Lee Rothバンドや、ソロ作品などでもおなじみ、ジェイソン・ベッカーさんのアルバム、Perspectiveに入っている本人の解説、を日本語訳してくださーい!というリクエストを頂き、ちょっとやってみました。ちゃんとできたかなぁ?

なんでも、日本版発売当時はちゃんと、ライナーノーツに日本語訳あったんですが、現在はそれが廃盤になってしまい、これから買う人たちは外盤を購入せざるをえず、折角のすてきな解説がよくわからなかったら残念なのでぜひ翻訳してください、とリクエストを受けたので、拙のつたない訳でお目汚しかとは存じますが、ご一読頂ければ幸甚でございます。

元文はベッカー氏の公式HP内にもありますので、こちらもぜひご覧くださいませ!(ちなみに管理人はトップページの写真にどきゅーん、とやられました。すてき!)
http://www.jasonbecker.com/Discography-Perspective.htm

では。。。ここから>>

「20歳頃から、ALSという病気にかかっている。僕は、もうすぐ30歳になる。この病に倒れるまでは、僕はちょっとばかり(差し当たっては、だけど)腕のいいギタリストだった。自分で作曲して、アルバムも4枚出した。僕のギター演奏は徐々に衰えて行ったけど、僕の音楽の何かは逆に良くなっていった。なんとも説明しがたいんだけどね。このアルバムPerspectiveにある曲は全て、この期間に書いたものだ。殆ど、僕の子供たちと言っても良い。僕の母親なんか、これらの歌を「私の孫たち」と呼んでいるよ。

いつかは病気が良くなる、と信じているけれど、もし治らなかったとしても、それはそれでしょうがないかな、とも思う。大変な病気にかかってしまったわけだけど、ほとんどの場合において僕はとてもラッキーなんだ。僕の周りにはいつも、友達や愛する人が居てくれるから、そのおかげで僕の内なる炎は消える事は無いし、希望も、信念も保って行ける。ハンディキャップを負った人々の大半は、こんな贅沢な環境にはいないから。もし周りにそういった人が居るならば、見守っているよ、と伝えて下さい。必要があれば手助けを、もちろん、ただ彼らが前向きな気持ちになれるよう励ましてあげるだけでも良い。もし、君が「ただ見ているだけ」の場所に留まっているならば、是非そこから一歩踏み出してほしい。愛と慈悲の気持ちだけをもって、人々と接してみて下さい。。。きっと君もハッピーになるから。人を独善的に判断したり嫌ったりしないでほしい、それは君の幸せまで遠ざけてしまうからね。


「ジェイソンを単に「天才」と呼ぶだけじゃ過小評価に過ぎると思う。彼は、流行がどうだ、とか、オーディエンスの趣向がこうだから、などの、マーケティング的なからくりとは一切かけ離れた人だから。彼はただ、その心からの感情を演奏にのせて、人間のスピリットに対して喝采を浴びせる、本当の音楽を作った。ジェイソンは音楽の鬼才であり、このPerspectiveにおいては奇跡的な潜在能力を具現化させている。」(Marty Friedman)

「ジェイソン・ベッカーのアルバムPerspectiveでは、彼はそのすばらしいインスピレーションの源を自己の内面に見いだしている。魂を深く求道することによって、音楽の中に勇気と洞察力とを表現する事に成功しており、それは非常に心を揺さぶるものとなった。いいね!その調子だぜ!」(Steve Vai)

「これは、まさに誇らしい程にパワフルで美しいアルバムだ」(Joe Satriani)

<<管理人からのおねがい>>
私の翻訳だけで全て伝えることは難しいような気がします。
ジェイソンさんのを訳すに当たっては、かなり言葉を選びましたが、特に、「慈悲」と「求道(ぐどう)」については、それぞれ、辞書やネット検索などをして、その意味するところをおのおの感じとって頂きたく思います。とても深い、言葉なので・・・

<<11月15日追記>>
通常は、修正はしない主義なのですが、ジェイソン・スレの方からの突っ込みを頂いて、もう一度ちゃんと考えてちょっとだけ文章をいじりました。さらっと書きたかったので時制を無視してしまったところが合ったのですが、時制も正しく尚且つさらっと、書き直させて頂きました。多勢に影響はありません。

<<11月16日追記>>
なんと、翻訳&ブログに転載許可をメールでお願いしていた所、許可頂けました。ありがとうございます!
>>Yes, you have my permission to keep stories on you blogs. Thank you for
>>your interest and support.
>>Jason Becker
ほんまにエエ人やあ・・・!!!!!!!!!!
[PR]
by trans_marty | 2005-11-13 23:10 | Others
えーと。公式日本語版の11月3日の情報から漏れているところだけ、同じく公式英語版のWhat's Going On? のところから拾ってきたよ~。(ファンにとっては結構大事な情報つまってますから!)


元ネタ:Marty is to appear with Aikawa Nanase on NHK “POP-JAM” (check here for broadcast date) and also at the 2nd Annual Asia Song Festival in Korea on 11/11 with other top artists from all over Asia.
ま:NHKのポップジャムに相川七瀬さんのバンドの為に出ます必ずチェックよろしく~(放送日が決まったらここで発表します)。
韓国のフェスについては「ま」氏本人が書いてるので割愛。
<<11月10日追記>>
本日、公式日本語版に更新情報ありました。上記、ポップジャムの放送日は12月2日だそうです。楽しみですね!(ちなみに、管理人の30回目の誕生日だったりする。)

元ネタ:2 radio specials with Yoshio Nomura will be taped for Tokyo FM. Check the Japanese section for broadcast dates.
ま:野村義男さんと一緒にラジオやりました!東京FMですけど、放送日はまたウェブサイトの日本語で知らせますから、よくチェックしてください。

元ネタ:The December issue of “Sound Designer” features a Cover Story with Marty and exclusive interview.
ま:「サウンド デザイナー」の12月号で僕のインタビューがありますから見てね!
<<管理人蛇足:ちなみに11月9日発売。たしか。>>

元ネタ:Marty fans in Latin speaking countries will want to check out Marty`s monthly feature, “Sinfonia de Ejecucion” in Musico Pro Magazine.
ま:ラテン系の国に居るファンは、ムジコ・プロ・マガジンの今月のフィーチャーをチェックしてください~「シンフォニア デ イジェクシオーン」という記事です、よろしく。
<<管理人つぶやき:てか、ラテン系の人は俺のブログ見ないんだけど、もちろんファナティックな日本人のファンはコレも当然、チャンスがあれば見たいだろうし。あと、俺のスペイン語はデタラメだから信じるなよ。>>

元ネタ:You all will want to pick up a 2006 D`Addario calendar as Marty is the September artist. Other artists include Marty faves Allison from the Donnas and Lenny Kravitz.
ま:来年のダダリオ社のカレンダーに9月のキャラクターはマーティです、是非チェックチェック!他にも、Donnasのアリスンとかレニクラとか僕も大好きなミュージシャンが出てますよ!
<<11月10日追記>>
上記ダダリオ社のカレンダーゲット方法、わかりました。ネットで注文したら、2~3週間で届きます、とのことです。手数料・送料として、アメリカ国外は6.95ドル徴収されます。注文方法は、

1.http://www.jdaddario.com/f_posters.html にアクセス。
2.欲しいアイテムにチェックを入れる(最大5つまで)
3.クレジットカード情報を入力(ビザ、マスター、アメックス、ダイナース、SSL対応)

でOK。そんなに難しくないので欲しい人は是非注文してみよう!ちなみに、今売っているのは2005年のカレンダーです、ま氏やらレニクラやらDonnasのギター姉ちゃんが載ってるのは来年、2006年の奴ですからフライイング注文にはご注意を。来年のだから、来年になったら発売するんじゃないですかねぇ・・・???(笑)


以上DEATH!
管理人は個人的に、みんな大体は6年間も英語の勉強したんだから、頑張って読めばきっと解る!と思うので気が向いたらたまには英語版の方ものぞいて見てください~きっと面白いよ。ちなみに俺は、6年間以上の勉強はしてません・・・(でも、ペラペラなのだ。気合っすよ気合!)
[PR]
by trans_marty | 2005-11-07 15:18 | News
皆様こんにちは。。。マーティ語録研究所管理人とらんすまーちーdeath!
既にご存知の方も多数いらっしゃると思いますが、本日、どういうわけか、マーティさんご本人の公式HP日本語版の所で「マジ最高」とほめていただいたうえに、拙ブログのURLまでご紹介頂いてしまいました!!!!

素直に嬉しかったんです、ほんとに。肩こりもちょっとはいやされたってもんです。。。

でも。。。皆さんは知ってると思いますけど、実は管理人としてはちょっと問題がありまして。というのも、ネタ元のインタビュー記事に対し個別に了解をとらずに、勝手にやっていたのです。

まぁ、「日本語訳だし?ていうかマーティっぽい日本語にして、彼の日本語の特徴を研究する目的だもんねー」という言い訳を用意していたんですけど、やっぱり、それじゃまずいじゃん?公式にリンクはられちゃった以上、今までみたいに2chとかミクシィからリンクたどって見にきましたー、程度じゃ済まないんじゃん?

と思ったので、今更でとーっても遅いんですけど!一応、それぞれの元ネタに対し許可をいただけますでしょうか?というお伺いメールを送信し終わりました所です。

で、反応次第では「エントリーは削除いたします」と明言してしまいましたので、もし。。。(ここからがちょっとだけ大事なポイントですよ)何か気に入ったエントリーがあるという方は、それをそれぞれ各自で保存するなりしていただけると幸甚でございます。私としては、削除方針が決まったエントリーに関しては削除することにしましたので。

どうぞよろしく御願いいたします。。。。

マーティ語録研究所管理人 とらんすまーちー 拝
[PR]
by trans_marty | 2005-11-06 21:14 | Others